最近になって、また見直されるようになったダイエットにヨーグルトダイエットがあります。

ヨーグルトダイエットとは、ヨーグルトを食べることにより乳酸菌を得ることを目的としたダイエットです。補足となりますが、ヨーグルトダイエットはダイエットにおいて最初から注目されていたわけではありません。

最初は健康促進効果を期待されていたので、ヨーグルトを適度に食べていた人がいただけなのです。では、どうしてヨーグルトダイエットが流行するようになったのか?というと、それはヨーグルトを毎日食べることにより乳酸菌をお腹の中に送ることができるからです。

乳酸菌はお通じ改善だけでなく、デトックス効果も期待できるものとして大変な人気となっています。デトックスというのは、体内に溜まっている毒素の除去を指して用いられているのですが、デトックスというのは年齢を負うごとに正常に機能しなくなっていくのです。

つまり、最初はデトックスを目的としてヨーグルトを食べていた人が多く、ダイエット効果については副産物だったのです。

また、乳酸菌には善玉菌を優勢にする働きがあります。近年の研究成果により、乳酸菌、善玉菌、悪玉菌、日和見(ひよりみ)菌の存在が正確に理解されるようになりました。

その研究成果では、乳酸菌を適度に得ている人のほうが善玉菌が活発になるというデータが存在するため、体内に乳酸菌をとり込むのは意味がある行動だと、認識されるようになったのです。しかも、ヨーグルトは1パック200円程度で販売されていますので、ダイエットを続けていくのも難しくありません。

また、健康に効果的であることがわかっても、それだけではダイエット効果があるのか不明なのでは?という意見も、過去には存在しました。ですが、善玉菌が活発になるとお通じが目に見えて改善されることもわかってきているのです。

これを腸内フローラというのですが、ヨーグルトダイエットは腸内フローラの環境を整えてくれるダイエットでもあるのです。また、便秘、下痢などの症状がやわらぐことも多いため、便秘などで苦しんでいる女性からも支持されるようになりました。

近年では、乳酸菌をどの程度配合しているのか明らかにしている食品も多いので、ヨーグルト以外でも乳酸菌が多く配合されている食品であれば、ヨーグルトダイエットに近い効果を得られることもあります。

また、ヨーグルトダイエットで肝心となるのは、温めた(ホット)ヨーグルトのほうがダイエット効果が高いところです。調理そのものはさほど難しいものではありませんので、適度に温められたヨーグルトでヨーグルトダイエットを続けるというのも良いでしょう。

それと、ヨーグルトの中には飲む乳酸菌と呼ばれている商品も存在します。牛乳のようにパック詰めされているタイプのものもありますので、ドリンクタイプのヨーグルトを希望の場合は、飲む乳酸菌でヨーグルトダイエットを行ってみると良いでしょう。