健康ブームの影響を受けて、たまねぎダイエットのようなダイエットも多くの方から知られるようになりました。

たまねぎダイエットとは、たまねぎを活かした料理を作ることで健康的に痩せることを目的とするダイエットのことです。例えば、サラダにたまねぎを加えるだけでも、高いダイエット効果を得ることができます。

通常のサラダは食物繊維、ビタミンB、ビタミンCを多く得ているだけなのですが、たまねぎを加えることにより血液サラサラ効果を得られるようになるのです。血液サラサラ効果を得ていると、それだけ血栓予防につながるとされていますので、今では病気などを予防する目的でもたまねぎダイエットを行っている人がいます。

血栓予防がしっかりと行われていると、それだけ血の巡りが良くなっていきますので、脂肪燃焼効果が増強されていくようになるのです。近年では、このような効果を血管の若返り効果と言うようになりましたが、たまねぎ以外の野菜では似通った効果を得ることが難しいとされていますので、その影響でたまねぎの人気が高くなったという背景もあります。

ちなみに、料理などで使用するたまねぎの量ですがお好みで問題ありません。ただし、たまねぎダイエットを目的としているので、お好みの量から少しでも増やすような努力も必要です。

例えば、先ほどのサラダにたまねぎを加える場合ですが、加えすぎると味わいがかわってくどくなる・・・という場合は、たまねぎをそれ以上追加しなくても問題ありません。このようなケースでは、ベーコンとたまねぎを組み合わせてオニオンスープを作ると良いです。

もし、味わいがしっとりとしていて濃厚さに欠けるという場合は、黒こしょうなどを加える事で味わいを良くしてみると良いでしょう。定期的にオニオンスープを飲まないという場合は、クリームシチューに多くのたまねぎを加えてみるだけで問題ありません。

たまねぎだけを食べていると、結果的にたまねぎダイエットになるわけではありませんので、他の栄養素もバランス良く摂取するように工夫しましょう。

たまねぎの調理方法についてですが、出来るだけ小さくなるように調理したほうが良いです。たまねぎというのは、小さいものほど胃の中で消化されやすくなりますので、小さく調理するだけで胃の負担が小さくなります。

それと、たまねぎはダイエット効果だけでなく、冷え性などもやわらげてくれる効果がありますし、最近では記憶力低下を予防してくれる効果もある野菜として人気を集めています。たまねぎの良いところは、なんといっても安く購入できるところでしょう。

たまねぎは日持ちする食べ物でもあるので、定期的にたまねぎダイエットを行っていく場合は、たまねぎ3、4個を1パックとして、2パック購入するくらいが調度よいです。

また、たまねぎを刻んでいる時は目に入ると涙が出やすくなると言われています。ですが、適度にまな板を湿らせている状態で、たまねぎにも水を付着させておくと、それだけでたまねぎの汁が飛散しにくくなるので、良ければこのような対応も覚えておいてください。