ネバネバした食べ物は健康に良いということで、近年ではオクラダイエットというものも人気を集めています。

オクラダイエットとは、オクラを用いた料理を食べることによりダイエット効果を得ようとするダイエット方法です。オクラそのものはお湯に浸すことで、適度な粘り、柔らかさが発生する食べ物でもあるので、調理そのものはまったく難しくありません。

~~~~~~~~~~~
お金がない時は、クレカのキャッシング利用より無利息カードローンがおすすめ!
無利息でお金を借りる方法についてはコチラ↓↓↓
金欠なら金利0でキャッシング!無利息期間が利用できる商品を紹介
~~~~~~~~~~~

まず、オクラをお湯に浸す際は、オクラについているヒゲ(小さな毛のようなもの)を取り除くようにしましょう。こちらを放置してお湯に浸してしまうと、後になって食感が悪くなったり、味わいを損ねてしまうことがあります。

ヒゲに関しては、オクラに塩をまぶしてオクラ同士をこすり合わせるだけで、簡単にヒゲを除くことができます。その後、塩でもまれているオクラを鍋に入れて調理を進めていきます。

オクラは段々と薄い緑色へと変化していきますので、1個だけオクラを菜箸(さいばし)でつかみ、ネバネバ感が最初より増しているかチェックしましょう。指で触った際に粘着性のある液体が指に絡むようであれば、それ以上は温めなくても問題ありません。

このネバネバしたものには、血液サラサラ効果がありますので、基本的に良くネバネバしているオクラであればあるほど、高いオクラダイエット効果を生むと思って問題無いのです。それと、オクラは単品で食すわけではありません。

味わい的には無味無臭に近い味わいなので、豆腐などに混ぜて食べるようにしましょう。オクラは健康食品と相性が良いので、豆腐以外では納豆、サラダ、焼き魚の添えものとして利用することもできます。

また、オクラは味わい的にはちょっとだけ酸味のある味わいとなっていますので、醤油(しょうゆ)などをかけて食べるようにしたほうが良いです。

それと、オクラダイエットはネバネバコンビと言われている食べ物と相性が良いという特徴もあります。先ほどの納豆、もしくは長芋のとろろと相性が良いので、これらが手元にある際には混ぜ合わせてごはんにかけてみると良いです。

納豆は脳の活性化だけでなく脂肪燃焼に高い効果がありますし、とろろには多くの食物繊維が含まれているので、お通じ改善で大きな期待を持てる食べ物となります。相性が良い食べ物が多いところがオクラダイエットの強みなので、この強みを意識して調理を行っていくことも大事です。

補足となりますが、オクラは冷蔵庫で保存している場合も3日~5日の間で腐臭を放つようになります。なので、保存をする形で少しずつ消費する場合は、購入後すぐにオクラの調理だけを終えておき、先ほどの相性の良い食べ物に混ぜると良いです。

へたの部分が黒く濁ってきているオクラは、場合によっては悪臭を放つこともありますので、このような状態のオクラは廃棄するようにしましょう。それと、オクラはかき混ぜるほどにネバネバが強まりますので、納豆、とろろに入れる際にはかき混ぜることを前提にして混ぜたほうが、より高い血液サラサラ効果を得られるようになります。