入浴を良いものに変えていくだけでもダイエットにつながります。最近では、健康や痩身に対して良い効果を与えるダイエット方法も知られてきましたので、今回は誰でも簡単に痩身効果を得られる温浴ダイエットというものを、案内させていただきます。

温浴ダイエットとは、ぬるま湯に近い状態のお湯で痩身効果を得るというダイエット方法です。

ぬるま湯というと痩身効果を得られないような気もしますが、熱いお風呂というのは高い痩身効果があるお風呂ではありません。近年のダイエットに関する研究で知られるようになったのですが、熱いお風呂に入っていても汗を良くかくだけで痩身効果は得られません。

昔から熱いお風呂に良く入っている人は健康的・・・と言われていますが、正確には内臓が丈夫な人であれば熱いお風呂に入れるだけなのです。つまり、熱いお風呂に入っていても汗を良くかくだけで、脂肪は燃焼されていないと思って問題ありません。

これはサウナルームにも同じことが言えます。なので、重要となるのは汗を気持ちよくかくことです。

例えば、ぬるま湯に入ることで適度にリラックスした状態を作ります。長時間お風呂に入っていると、お風呂の温度、水圧の影響で段々と心臓の鼓動が早くなっていくのですが、汗が多く流れ出すまではお風呂から出ないようにしましょう。

ぬるま湯で汗をかいた場合、熱いお風呂に入っている時とは違い、体内に溜まっている毒素が汗として出やすくなるのです。足湯のデトックス効果が一時期大変な人気となっていましたが、こちらも足をぬるま湯に近い状態で温めていくと、体内がポカポカするようになるため、結果的に痩身効果を得られるようになる・・・という仕組みでした。

つまり、温浴ダイエットとは痩身効果のある入浴方法なのです。

また、温浴ダイエットを進めていく上で行ってはいけないことに、入浴剤を入れてはいけないという注意点があります。入浴剤の中には発汗を促すものもあるのですが、こちらを入れると通常よりもお風呂が熱く感じてしまうこともあるので注意してください。

お風呂というのは、入浴剤など水以外の物質が多く混入しているほど、通常よりも熱を帯びやすくなってしまうのです。すると、すぐに体が熱くなってしまうため、長時間お風呂に入浴していることが難しくなってしまいます。

冷え性などに効果のある入浴剤は、すべてこのような効能を得てしまうものなので注意したほうが良いでしょう。また、入浴剤などを入れる形で温浴ダイエットを行いたいという場合は、ソルトバス用の入浴剤を入れると良いです。

ソルトバスというのは、浴槽に適度な塩分を含ませることで、体内の保温力が向上するという目的で開発されている入浴剤です。他の入浴剤と違い、水分以外ではミネラルなどが多く含まれるだけになるため、それほど入浴中の体温上昇は著しくありません。

そのため、長く入っていても気持ちがリラックスしたままとなります。なによりも、ミネラル成分により肌の角層がキレイになるという利点もあるため、温浴ダイエット中に美肌を手に入れることまでできるようになります。