なすダイエットとは、なすを食すことで健康促進効果を得るというダイエットのことです。

また、なすを丸かじりするわけではありませんので、野菜が苦手という人でも食べやすいなすダイエットは多く存在します。

例えば、なすにハンバーグを乗せるだけのものでも、かなり美味しい料理になります。ハンバーグというのは通常のハンバーグで問題ありません。

なすには血液をキレイにする効果として、毛細血管の保護・強化を促進させる効果があるのです。ですが、野菜の中でもエグみがハッキリと感じられる野菜でもあるので、無理になすだけで調理をする必要はありません。

また、なすは前述のような肉類との相性が抜群という特長もあります。なすそのものは、それほど味わいがハッキリとしていませんので、ボリュームのある食べ物と相性が良いと覚えておきましょう。

さらに、なすにはフラボノイドやルチンが多く含まれています。フラボノイドは細胞の酸化を防ぐ効果がありますので、最近ではアンチエイジング効果も認められるようになりました。

さらにルチンが毛細血管の働きを強めてくれますので、なすを良く食べていると肌や毛がみずみずしいものになるという評価も存在します。高齢者になるほど、アンチエイジングは重要なものとなりますが、なすダイエットのようになすを食すだけでもアンチエイジングを促進することは可能なのです。

しかも、なすを常食している人というのは、コレステロール値が平均よりも低いという特徴まであります。コレステロール値が高まっていくと、肥満率が高くなってしまうだけでなく、将来的にはメタボリックシンドロームなどの影響を受けて、見た目が一気に老化してしまうこともあるのです。

コレステロール値が高い場合、肌のシミ、シワなどが目立つようになるだけでなく、黒ずみなども目立ちやすくなりますので、なすは美容においても重要な食品であると言えます。

また、なすダイエットの良いところは炒めものと相性が良いところです。最近では、麻婆豆腐(まーぼーどうふ)になすを意識的に入れている人も多いのですが、なすは多くの油をとり込む形で調理を行えますので、油が持っている健康パワーをダイエットパワーに変えることまでできるのです。

例えば、青ねぎやにんにくなどを油に対して使用することで、これらの食材が持っている硫化アリルといった血液サラサラ効果を、なすに引き渡すことができるのです。しかも、独特の甘い香りを放つようになりますので、食欲を向上させる働きまであります。

昔に比べて、油っこいものはあまり食べなくなった・・・という人は、なすダイエットで食生活習慣そのものをダイエット志向に変えてみると良いでしょう。なすはオリーブオイルで炒めるだけでも、前述のような血液サラサラ効果がアップしますので、基本的になすと調理油は相性が良いと覚えておいてください。

大さじ一杯分の油でもダイエット志向につながりますので、調理の際は油の使用にも注意して、なすダイエットを続けていくようにしましょう。