唐辛子(とうがらし)に多く含まれているカプサイシンには、ダイエット効果があります。

どのようにしてダイエットにつなげていくのか?というと、カプサイシンを料理に混ぜるような形でダイエットを行っていくだけです。カプサイシンを適度に摂取していると、体内に溜まっている脂肪が燃えやすくなっていきますので、今ではカプサイシンだけのダイエット方法も多く存在します。

なぜ、カプサイシンを摂取しているだけで痩せられるのか?というと、カプサイシンはアドレナリンの分泌に関わっているからです。血液によって脳に運ばれていく流れでカプサイシンは使われるのですが、その際にアドレナリンも通常より多く分泌されるようになるのです。

アドレナリンというと、運動中に分泌されることで有名です。ですが、運動以外ではそれほど分泌されることがないと思われているものでもありました。

ですが、カプサイシンを適度に摂取するだけでも、アドレナリンそのものは良く分泌されるようになるのです。しかも、カプサイシンそのものは辛味があるだけで、それほど味わいがエグいといった問題点は存在しません。

ただ、カプサイシンダイエットを行う際には注意点があります。それは、唐辛子などカプサイシンを多く含む食べ物は、直接食べないように注意するということです。

直接食べることで強力な刺激を得られる・・・と思ってしまう人もいますが、唐辛子の中には青唐辛子のように痛みを発生させるタイプの唐辛子もあります。辛党の方でさえ痛みを覚えるレベルの食べ物なので、しっかりと調理の過程でカプサイシンを投入する程度で、カプサイシンダイエットを行うようにしましょう。

また、サプリメントとして売られているカプサイシンは、唐辛子などのエキスから得られるカプサイシンより、カプサイシンの量が少ないと思ったほうが良いです。かなり昔から唐辛子などを用いたダイエットはいくつも開発されていますが、ダイエット効果が高いのは唐辛子などを直に使用した料理が多いため、サプリメントを使うともっと痩せられるというものではありません。

ちなみに、痩せるために大量に食べるのも良くありません。人によっては胃が痛くなってしまう人もいるからです。

カプサイシンの摂取量では、1日に唐辛子1、2個分で問題無いとされていますので、ラーメンや鍋などに唐辛子を投入する際は、2個程度を意識して投入すると良いでしょう。

また、脂肪というのは炭水化物を摂取した際に、多く体内に残ってしまうとされています。なので、ラーメンのような炭水化物を主体とする食べ物と、カプサイシンダイエットは相性が良いということも覚えておいてください。

そのようなことを理解してダイエットを進めていくと、通常よりも痩せやすい体質になることもあります。カプサイシンには発汗作用もありますので、今まで使用されていなかった汗腺を正常に戻すという役目、そして汗腺が増えていくことで体内に溜まっている毒素が抜けやすくなり、それにより基礎代謝などが向上するという影響もあるのです。